基本に忠実に!

私の健康法は基本の基本!「運動」です。

「運動」は健康に良いと言われますが、中でもリズミカルに全身を使う有酸素運動で、私たちの動作の基本である「歩く」ことが一番簡単でおすすめです。

私は『ちょこっとウォーキング』を実践しています。数年前までは健康のために運動するというと「30分以上しないと脂肪が燃えないから意味がない」「きついくらいの運動のほうが体に効果的」と言われていました。しかし最新の研究では「運動は細切れでもよい」「楽なくらいのほうが効果がある」という新しい事実が判明しています。

なので、良くある「楽に」「○○しながら」というような運動でも十分に効果が得られるというのです。厚生労働省も「1日に+10分の運動を~+10(プラステン)」を推奨しています。私はこれまでずっと車通勤を続けてきました。それは今も変わりません。

ですが健康は維持したい、運動量も維持したい。ということで、仕事の用事を済ませる時は、目的地から離れた遠めのパーキングに車を停車し、目的地まで歩くようにしました。

その『ちょこっとウォーキング』を始めてからと言うもの、身体が動きやすく軽くなった気がします。また、休日は車の使用はやめてバスや電車を使って出かけることにしました。

それによって運動量が増えるのはもちろん、車を運転していると、見れない景色を見たり、ぼんやり考え事をする時間が増えて、以前に比べて身体ももちろんですが心も軽く心身ともに健康になりました。